人間の体は活性酸素によって錆びて老化していきます。

活性酸素が皮脂や中性脂肪、コレステロールや不飽和脂肪酸などと結合することにより、病気や老化を招くため、活性酸素対策をすることがアンチエイジングには大切です。

水素水のアンチエイジング効果

 

水素水には、この活性酸素を取り除くことができる力があります。

リコピンやビタミンC、ポリフェノール、カテキン、ビタミンEなど様々な抗酸化物質がありますが、食べ物などから抗酸化物質を摂るとカロリーのことも考えなければいけませんし、飽きずに継続するのが大変です。

水素水であれば無理なく継続できますし、カロリーの心配もいりません。

また、水ですから全身くまなく行き渡らせることができます。

水素水であれば、細胞の隅々にまで水素が入り込んで活性酸素と結合し、無害な水にすることで体外に排出することができます。

水素の場合、体にとって悪影響のある悪玉の活性酸素のみと結合し、それを体外に排出してくれるという働きがあります。

美容にとっては、シミやくすみ、シワの予防や改善など肌への効果が期待できます。

活性酸素によるサビそのものから体を守ることができますので、高いアンチエイジング効果が期待できます。

水素水の保湿効果について

肌の美容にとって保湿はとても大切です。

水素水を利用することにより、しっとり感や弾力感のアップ、毛穴の悩み、シワの改善、キメの改善といったことが期待できます。

肌にとって水分はとても大切です。皮膚は表皮と真皮、皮下組織の三層からなりたっています。

真皮の状態が美容にとっては大切です。

真皮は、繊維上のタンパク質が網の目のように張り巡らされた構造になっています。

この繊維はコラーゲンで出来ていて、この線維の隙間には水分が保持されています。

それによって、肌のハリやみずみずしさが保たれて要るため、この線維の状態が美容にとってとても大切です。

しかし、真皮で活性酸素が増えると、コラーゲンに影響が出てきます。

ターンオーバーが乱れたり、新しいコラーゲンが作られなくなったりします。

それにより水分が十分に保てなくなり、肌から潤いが失われていきます。

しかし、パックなどにより水素水を肌に直接与えることで、真皮にまでしっかり浸透し、活性酸素を除去してくれます。

そうすることでターンオーバーが正常化され、新しいコラーゲンも作られるようになるため水分を保持する力が増し、潤いのある肌を取り戻すことができます。

水素水の美白効果について

美白にとって紫外線対策は大切です。

シミやそばかす、くすみやくまなどの改善にも水素水を役立てることができます。

水素水には、紫外線や水道水、化学物質などによって発生した活性酸素から皮膚の細胞を保護するという働きも期待できるためです。

活性酸素と脂質が結びつくと過酸化脂質になります。

また、活性酸素はメラニン色素を増やす原因となります。

水素水には、活性酸素を除去する働きがあるため、皮膚のシミやくすみの原因となる過酸化脂質とメラニン色素を抑える働きを期待することができます。

活性酸素の除去は飲むことで体の内側からも行うことができますし、化粧水やパックなどにより外側から行うこともできます。

美白効果を期待するのなら、両方からアプローチしたほうが効果的です。

水ですから、紫外線の強い外出先での飲み物としても気軽に利用することができますし、水ですからうっかり焼けた肌を鎮静させる際にも問題なく使用することができます。

化粧水などで日常的なケアに使用することもできますし、パックなどスペシャルケアとして使用することもできます。

水素水は水ですから副作用などの心配もなく、安心して、継続的に使用することができます。