水素水というのは、水の中にある一定以上の水素が溶け込んでいる水の事を言います。

水素自体は無味無臭のため、水素水にも何かしら味があったり、色がついている訳ではありません。

また厚生労働省が認めている食品添加物の一つですので、安心して飲用いただく事ができます。

このように安心な成分でありますし、また素晴らしい働きもあります。

それは、水素には抗酸化力というものがあり、お肌のシミやしわの原因となったり、また体内でガンや脳梗塞、糖尿病を引き起こす原因と言われている「活性酸素」を除去する働きがあるのです。

活性酸素には、悪玉と善玉とがあり、これらを除去する働きのあるものとして、他にもポリフェノールやビタミンC,Eなども挙げられます。

しかしこれらは悪玉善玉問わず除去してしまう場合があります。

その点、水素水は酸化力の強い悪玉の活性酸素だけを除去してくれるので、身体によい効果がある活性酸素だけ残し、悪い影響のあるものは取り除いてくれるのです。

具体的には、水素水が悪玉の活性酸素と反応して水に変化します。

もし身体の中で反応しなかった場合は、そのまま呼吸とともに外に排出されるだけなので、体内にとどまる心配もありません。

このように副作用の心配がない水素水ですが、飲み始めた時に「これって副作用じゃないの?」と思う症状が出る人もいます。いわゆる好転反応と言われるものです。

例えば、お腹がゆるくなったり、お肌に赤みやかゆみが出たりする事があります。

これは実は副作用ではなく、好転反応と呼ばれる症状なのです。好転反応とは身体に何かしら影響を与える治療の過程で、一時的に身体に現れる症状の事です。

水素水の場合、飲用することにより、身体の中にとどまっていた悪玉の活性酸素が体外に排出されようとする事で、一時的に肌にかゆみや赤みが出たり、またお腹がゆるくなったりする事があります。

お腹のゆるさについては、水素水にデトックス作用があることを考えると、トイレが近くなる事も副作用とまで考える必要はなさそうです。

何かしら効果があるため、身体が反応していると考えることが出来ます。

まさに好転反応と言えるのではないでしょうか。

とはいえ、アレルギーのある方などは特に、効果があるといわれても、またそれが好転反応だと言われても心配になると思います。

水素自体に副作用はないのですが、急に大量に摂取したり、極端な取り方をすることは身体にとっては優しくありませんので、最初は様子を見ながら少しずつ始めていき、好転反応が出始めたら効果を確認しながら継続していく事が大切です。