アンチエイジング効果や健康に良いと言われる水素水ですが、ただ闇雲に飲めば良いということではなく、より効果的な飲み方をするのがおすすめです。

水素水の良さを効果的に感じられる為の飲み方を知っておきましょう。

水素水に含まれる水素はデリケートで、揮発しやすいものです。

その為、水素水が入っている容器を開けた瞬間から揮発していってしまいます。

容器を開封してそのまま置いておくと、6時間後には殆どの水素が揮発してしまうというデータもあります。

その為、容器を開封したら飲みきってしまうのが安心ですが、もし飲みきれない場合は、空気を抜いてキャップをきちんと閉めて保存することが大切です。

現在市販されている水素水の容器としては、アルミパウチが一番水素の含有量が多いという研究データが出ています。

ペットボトルは容器の分子が大きい為、水素が抜けていってしまい、市販されている商品の殆どに水素は含まれていないというデータもあります。

飲む量は、1日1.5リットルが理想的とされています。

ただし、いきなり1日1.5リットルの消費は難しいと感じる場合は、500mlくらいから試してみて、慣れて来たら徐々に増やしていくという方法でも良いでしょう。

飲み方としては、1回に大量に飲むのではなく、1日のうちで数回に分けて少しずつ飲むのが良いとされています。

その為、水素が抜けないように工夫をしながら飲んでいくことが大切です。

水素水は季節を問わず、1年を通して継続して飲み続けることが効果的とされています。

飲み方としては、常温で飲むことが推奨されています。

夏場は冷たく冷やして飲みたいという方もいらっしゃるでしょうけれど、冷たい水を大量に摂取すると身体を冷やしてしまうことになり、内蔵機能が低下してしまうので、あまり良くありません。

冬場は常温でも冷たいと感じてしまい、飲みにくいと感じる方も多くなるでしょう。

しかし温めてしまうと、水素が揮発してしまうため、温めるのはおすすめしません。

どうしても冷たいのは飲みにくいという方は、ストーブの近くなどに置いてじんわりと温めて飲んでみてはいかがでしょうか。

水素水を効果的に摂取するには、飲むタイミングも考える必要があります。

出来れば1日数回に分けて摂取するのが効果的とされている為、朝起きた時、食事の時、運動の前、運動の後、寝る前などが良いでしょう。

特に朝の起き抜けは、体内の水分が抜けている為、その時に水素水を摂取すれば体内に効果的に浸透してくれますので、タイミングとしては最もおすすめです。